使い倒すための検索エンジンPowerd by Google
関連キーワード
メイン
   サイト管理者のつぶやき
     セーマンドーマン
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
oonishi
投稿日時: 2011-8-28 14:30
管理人
登録日: 2006-11-24
居住地: 兵庫県尼崎市
投稿: 260
Re: 伊射波神社(猿田彦→猿女)秦氏
巷の井戸端会議より備忘代わりに転載。

Re: 稗田・・・あれ?

投稿者:とみた 投稿日:2010年 8月 2日(月)13時22分42秒 返信・引用
> No.9381[元記事へ]村崎樹里さんへのお返事です。

猿田彦が猿女で稗田阿礼に繋がると

古事記のネタもとは猿女ってことになって

猿女の口伝伝承のなかには神宮にてんてるさんがやってくることはなかったってことで

猿田彦はホノニニギにめっちゃ抵抗してて

その意志を継いだ?なまこはアメノウズメに口取られちゃうし

だけど宮廷祭祀に関わる氏族へと

でも末裔の一派は伊勢の地を追われ

えーと(@_@)

稗田阿礼の話した口伝を大麻呂が本にまとめたのが、古事記。
稗田阿礼はシャーマンで語り部でしょう。
阿礼は御阿礼でアラワレで現れるの意味か。神様が現れる。

猿田彦も猿田女も磯部だから海民。猿田彦が、天孫降臨したニニギに抵抗した話があるんですか。?

雲出川の一師郡にはアザカの里があり、今は松阪市の北部の阿坂でしょう。阿射加神社は猿田彦を祭っています。

この周辺は東海式土器のs字甕の発祥地で東海勢の象徴、前方後方墳が多いところでもあります。倭王権への反乱伝承があります。

猿田彦を氏神とする宇治土公氏は磯部氏で、伊勢外宮神主の度会氏です。

度合氏は阿波忌部氏の祭る天鷲日命を祭神とする。宇治郷や度合郷の桶子遺跡では弥生時代後期の銅鐸が出ています。伊勢湾の対岸である渥美半島の磯部郷でも同じタイプの銅鐸が出ています。

oonishi
投稿日時: 2011-9-11 15:30
管理人
登録日: 2006-11-24
居住地: 兵庫県尼崎市
投稿: 260
闇の日本史掲示板からの転載(備忘禄)
闇の日本史@竹内さんへのお返事です。

倉敷市の阿智町には阿智神社があり、世襲宮司家には井上姓である。井上家の先祖は信濃の阿智村から大阪あたりに移り住み改めて倉敷に入る。丹治比氏流丹党系図の中に文武元年「志麻」という人物が「真人」の姓を賜り左大臣になる。系列は分かれていくが家隆(広足)793年8月武蔵守家影が弘法大師を導いて高野山を開かせる。』
この方は吉備を取り上げて見えますが、例えば岡山@倉敷にも同名の神社があって「漢の霊帝の曾孫である阿知使主」を祀っているとされているようですよ。
敦賀に気比神社というのがありますが、一説では吉備が訛ったもの、さらには飯田が訛ったものが「飛騨」なのじゃないかという方もみえるようですよ。


阿智=吾道で、阿知使主とは関係がないというのが、私の見解です。^^
飯田は、育良・伊那・生田・恵那・飯島等々、まつろわぬ民の里という見解です。

地名については、かなり調べました。
Re: 飯田市の伊雑皇大宮跡

投稿者:史郎 投稿日:2010年 8月18日(水)20時02分15秒 返信・引用
> No.9475[元記事へ]

闇の日本史@竹内さんへのお返事です。

飯田にも麻積の里という地名がある。聖高原と飯田を結ぶと間に、諏訪がある。諏訪の上社の神紋は梶でありこれは穀と書く。穀は麻や桑と同じ樹種であろう。ここで阿波忌部の系図を考える。阿波忌部の一派は天日鷲命でその系統には天白羽鳥=長白羽がいてこれは伊勢の麻族である。同じ系統に神麻積連が居る。

これは安曇・磯部といった出雲族の遠征と行ったとこですか?どうやらとみたさんが言って通りのようですね


ついでながら、阿智神社の社家は戸隠神社へ、元善光寺は長野へ、麻績神社は麻績村へ、また諏訪本社大明神と呼ばれた、葦原(あしはら)神社が大鹿村の鹿塩にあり、ここから諏訪へ行ったと云う伝えがあります。

それに隣の豊丘村には、御手形神社(佐原諏訪神社)があり、社伝には こうあります。
『 太古 御国譲りの際 建御名方命と武甕槌命(たけみかずちのみこと)と力競(国譲りの争)の事があり、建御名方命は 遠く
この地まで逃れ来り、これを追い来った武甕槌命に対し 国を譲り、その誓いの印として、傍らの石に 互いに手形を残されたと伝え、この石を
御手形石と称え、この付近の地名を 追の久保と言う。』
・・・・もちろん御祭神は、建御名方神 と 武甕槌神 です。

やはり伊那谷は、天武の時代にかなり注目された地域であったことは間違いありません。

写真は、
? 諏訪本社大明神と呼ばれた、葦原(あしはら)神社と
? 御手形神社(佐原諏訪神社)の御手形石

Re: 飯田市の伊雑皇大宮跡

投稿者:闇の日本史@竹内 投稿日:2010年 8月18日(水)19時51分30秒 返信・引用
> No.9476[元記事へ]

史郎さんへのお返事です。

面白いことに、阿智神社に伝わる『八華形の御鏡』は、元は阿波の国にあったものからの写しです。阿波忌部氏との関連を想像させますね。


阿智に関し以前闇の日本への投稿ではこんな記事が。
『吉備団の鉄産地・阿賀郡には丹部郷(たちべ)を根拠しした丹治氏がいた。丹治氏は平安京造営の時 大内裏
北方山門の中の一つ「建智門」の普請い役に当たっている。阿賀郡は哲田郡と接している。今では倉敷市の阿智町には阿智神社があり、世襲宮司家には井上姓である。井上家の先祖は信濃の阿智村から大阪あたりに移り住み改めて倉敷に入る。丹治比氏流丹党系図の中に文武元年「志麻」という人物が「真人」の姓を賜り左大臣になる。系列は分かれていくが家隆(広足)793年8月武蔵守家影が弘法大師を導いて高野山を開かせる。』

この方は吉備を取り上げて見えますが、例えば岡山@倉敷にも同名の神社があって「漢の霊帝の曾孫である阿知使主」を祀っているとされているようですよ。

敦賀に気比神社というのがありますが、一説では吉備が訛ったもの、さらには飯田が訛ったものが「飛騨」なのじゃないかという方もみえるようですよ。
Re: 飯田市の伊雑皇大宮跡

投稿者:史郎 投稿日:2010年 8月18日(水)19時34分14秒 返信・引用
> No.9475[元記事へ]

闇の日本史@竹内さんへのお返事です。

阿波忌部の一派は天日鷲命でその系統には天白羽鳥=長白羽がいてこれは伊勢の麻族である。同じ系統に神麻積連が居る。
これは安曇・磯部といった出雲族の遠征と行ったとこですか?どうやらとみたさんが言って通りのようですね


阿智神社の八意思兼命は、吾道彦といい、吾道家は、吾道・物部・忌部・占部・出雲・三輪 の六家が古代六家でした。
【ソースは、ホツマツタエと『先代旧事本紀大成経』 の 「神代皇代大成経序」 (かんみよ すめみよ の おほひなる つねのりの ついでぶみ)】

しかし、吾道家の記録は他には見あたらず、伊那谷の阿智神社のみです。^^;

面白いことに、阿智神社に伝わる『八華形の御鏡』は、元は阿波の国にあったものからの写しです。
阿波忌部氏との関連を想像させますね。

Re: 飯田市の伊雑皇大宮跡

投稿者:闇の日本史@竹内 投稿日:2010年 8月18日(水)18時13分39秒 返信・引用 編集済
> No.9473[元記事へ]

史郎さんへのお返事です。

元善光寺の裏に麻績神社があります。その裏山を登ると、伊雑皇大宮跡が、ひっそりと、人に知られずにあります。^^
教えていただいてありがとう御座います。


どこかで聞き覚えのある名前だと思ったら7月29日07:50にとみたさんがこんなこと書いてますねぇ。

<麻積> 投稿者:とみた 投稿日:2010年 7月29日(木)07時50分23秒 返信・引用
『信州の四阿(アズマヤ)高原1500m標高へ避暑。余りの暑さに逃げてきました。千曲川が流れる上田から送迎バスで40分の高原。菅平の近くで前に浅間山が見える。ホテルに置かれている地図を眺め山岳の本を開いては、東山道の跡を追いかける。麻積という地名が、松本から長野への電車の途中駅の聖高原の北にある。東築麻郡麻積村字麻。正に麻つくりの里であったのであろう。飯田にも麻積の里という地名がある。聖高原と飯田を結ぶと間に、諏訪がある。諏訪の上社の神紋は梶でありこれは穀と書く。穀は麻や桑と同じ樹種であろう。ここで阿波忌部の系図を考える。阿波忌部の一派は天日鷲命でその系統には天白羽鳥=長白羽がいてこれは伊勢の麻族である。同じ系統に神麻積連が居る。

これは安曇・磯部といった出雲族の遠征と行ったとこですか?
どうやらとみたさんが言って通りのようですね
Re: 壬申の乱(馬と多氏)

oonishi
投稿日時: 2011-9-14 16:04
管理人
登録日: 2006-11-24
居住地: 兵庫県尼崎市
投稿: 260
Re: 伊射波神社(各地のイザワ/イゾウ)
※闇の日本史掲示板「巷の井戸端会議」より転載



投稿者:史郎 投稿日:2010年 8月18日(水)18時02分58秒 返信・引用
> No.9472[元記事へ]

村崎樹里さんへのお返事です。

↑リンクからnifty内うろうろしてたら、松阪に伊佐波登美命を祀った神社があるという話に行き着いたんですが、ご存じですか?


伊那谷の伊雑宮の祭神は、天照皇大神です。

まさに、伊那の谷からは、古代が見えてきます。^^
飯田市の伊雑皇大宮跡

投稿者:史郎 投稿日:2010年 8月18日(水)17時43分52秒 返信・引用
リクエストにお答えして・・・^^

場所です。↓
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&­ie=UTF8&hq=&hnear=%E9%95%B7%E9%87%8E­%E7%9C%8C%E9%A3%AF%E7%94%B0%E5%B8%82­&ll=35.534418,137.853398&spn=0.00453­1,0.007381&z=17&brcurrent=3,0x601c9a­004f6f50fb:0xa7ae24146434020c,1

写真です。

元善光寺の裏に麻績神社があります。
その裏山を登ると、伊雑皇大宮跡が、ひっそりと、人に知られずにあります。^^

すぐ近くには、下伊那恒川遺跡もあります。

Re: 壬申の乱(馬と多氏)

投稿者:村崎樹里 投稿日:2010年 8月18日(水)15時11分49秒 返信・引用
> No.9463[元記事へ]

史郎さんへのお返事です。

こんにちは。村崎樹里(ムラサキキサト/ハンドル名)と申します。
自称・鳥羽(志摩国)郷土民俗探求家です。

? 飯田市には、伊雑宮跡が、ひっそりとあります。


Σ( ̄□ ̄)どこっどこっ

伊那の谷から古代が見える。 http://homepage3.nifty.com/utukusino­mori/newpage1.html


↑リンクからnifty内うろうろしてたら、松阪に伊佐波登美命を祀った神社があるという話に行き着いたんですが、ご存じですか?

↓これ

http://homepage3.nifty.com/rokujigen­/syoutakihara.html
oonishi
投稿日時: 2011-9-19 21:33
管理人
登録日: 2006-11-24
居住地: 兵庫県尼崎市
投稿: 260
Re: 伊射波神社(各地のイザワ/イゾウ)
※闇の日本史掲示板「巷の井戸端会議」より転載



Re: 壬申の乱(馬と多氏)

投稿者:史郎 投稿日:2010年 8月17日(火)19時24分19秒 返信・引用
> No.9451[元記事へ]

闇の日本史@竹内さんへのお返事です。

とみたさんへのお返事です。


現在でも伊那方面には天武が創建したといわれている神社があるようですよ。


? 飯田市には、伊雑宮跡が、ひっそりとあります。

? また、麻績神社は後に北信へ行きますが、残っております。

? 八意思兼尊=吾道彦=阿智神社が、住吉神社=かなさきを従えて、阿智村にあります。

私は、高皇産霊神ファミリーと、多一族の類似性に興味があります。

伊那の谷から古代が見える。
http://homepage3.nifty.com/utukusino­mori/newpage1.html

oonishi
投稿日時: 2011-9-21 17:15
管理人
登録日: 2006-11-24
居住地: 兵庫県尼崎市
投稿: 260
Re: 伊射波神社(猿田彦→猿女)秦氏
闇の日本史掲示板「巷の井戸端会議」より転載



Re: 猿まわし

投稿者:闇の日本史@竹内 投稿日:2010年 8月 6日(金)18時02分14秒 返信・引用 編集済
> No.9396[元記事へ]

村崎樹里さんへのお返事です。

能楽を鑑賞してきました。芸能そのものよりも舞台に反応しちゃいました。


室町時代初期日本を代表する猿楽師といえば世阿弥であります。幼少名を鬼夜叉と名乗る
美少年は1374年 熊野で催した猿楽で室町将軍足利義満の目にとまることになるので
あります若干12歳のことでありました。
その後着々と反映を極めた世阿弥親子でありましたが、後に本人島流し長男の観世元雅は
一説では暗殺されたといわれています。

秦河勝から分岐はまだ不十分だとおもいます。
「間」「影人」が抜けてます。


--------------------------------------------------------------------------------

※秦河勝が6,7世紀頃の人だからそこから猿楽で名を残した世阿弥までの流れのなかで秦氏(4本柱/猿田彦)がどれだけ継承されていくのか流れを追わないといけない。

Re: 飯田市の伊雑皇大宮跡

投稿者:史郎 投稿日:2010年 8月18日(水)20時08分19秒 返信・引用
> No.9477[元記事へ]
« 1 2 3 4 (5)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
ご案内
・サイトポリシー
・個人情報保護方針
・2010年1月以前にご登録いただいたユーザさまへ
関連情報
取引先リンク
東北関東大震災 緊急支援クリック募金